2021/04/28 プレスリリース

クラダシがツヴィリングと家庭系フードロスの削減を推進~鮮度を最大5倍長持ち*させる新商品「FRESH & SAVE (フレッシュ&セーブ)」を4月28日(水)から販売開始~

社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」を運営する株式会社クラダシ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:関藤竜也)は、ツヴィリング J.A. ヘンケルスジャパン株式会社(本社:岐阜県関市、代表取締役 Andrew Hankinson)とともに家庭系フードロスの削減を推進します。

※こちらは共同リリースです。

■取り組みの背景

クラダシでは、食品の賞味期限の切迫や季節商品、パッケージの汚れやキズ、自然災害による被害などの要因で、消費可能でありながら通常の流通ルートでの販売が困難な商品を買い取り、社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」で販売することで、事業系フードロスの削減に取り組んでまいりました。

しかしながら、日本の人口1人当たりのフードロスは依然世界ワースト6位、アジアワースト1位となっており、その内訳は食品卸業や食品小売業などで廃棄される事業系フードロス54%、家庭で出される家庭系フードロス46%となっています。

2030年までに日本のフードロス半減を掲げるクラダシでは、かねてより事業系フードロス削減への貢献だけでなく、半数近くの割合を占める家庭系フードロス削減についても推進していきたいと考えておりました。

そのような背景の中、今回ツヴィリングとタッグを組み新商品「FRESH & SAVE(フレッシュ&セーブ)」をKURADASHIにて販売をすることとなりました。

「フレッシュ&セーブ」は、簡単かつ便利に食材や調理した料理を保存することが可能となり、鮮度を5倍長持ち*させることができる真空パック機です。

*真空保存していない場合との比較

ご家庭で調理した食材をこれまで以上に長く美味しく保存することができれば、最後まで食材を無駄にせず食べきることができ、おのずと食材の廃棄が少なくなり、家庭系フードロス削減に貢献できると考えています。

今後両社では日本の事業系、家庭系双方のフードロス削減に貢献するべく、さまざまな取り組みを進めながら、協業してまいります。

参照:食品ロスとは(農林水産省) 食品ロスの現状を知る(農林水産省)

■これからの取り組み

日本のフードロスを削減するために、KURADASHI × 「フレッシュ&セーブ」として、下記のような取り組みを実施してまいります。

  • KURADASHIにて「フレッシュ&セーブ」の販売
  • KURADASHI タイアップコンテンツの展開
  • SDGs・フードロス削減を推進するイベントの企画・開催、など

■商品詳細

フレッシュ&セーブ 真空パック機 スターター7点セット

▼商品はこちら
https://www.kuradashi.jp/products/list?name=%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%EF%BC%86%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%96

専用のポンプで容器内の空気を抜いて真空保存し、食材の酸化を防いで鮮度をキープしながら保存できます。乾燥や冷凍焼けも防ぎ、栄養を守りながら美味しさもそのままに保存します。

さらに、容器についているQRコードと専用アプリを使うことで食材を登録。賞味期限前にお知らせして食べ忘れを防止します。

大きさの異なるコンテナ2つと繰り返し使える保存バッグ、ワンタッチで真空密封できる電動真空ポンプがセットになった、すぐに始められるスターターセットです。ガラス、プラスティックの素材とサイズ違いで全5タイプのバリエーション。

まとめ買いした食材や食べきれなかった料理も栄養、風味、美味しさを保ち最後までムダにすることなく家庭系フードロスを削減します。

■ツヴィリング J.A. ヘンケルス ジャパン株式会社

マーケティングディレクター:土方様コメント

冷蔵庫の隅に古い食材を見つけ、「あ、忘れてた!もう食べられない・・・」そんな経験を、誰しもが持っていると思います。

キッチンアイテムブランドとしてそんなフードロスを削減したいと願い、ツヴィリングはワンプッシュで誰でも簡単に使える真空保存機「フレッシュ&セーブ」を開発しました。

フードロスの防止はまず家庭から。その第一歩を、理念を同じくする 「KURADASHI」様との共同プロジェクトにて進めてまいります。

■株式会社クラダシ

代表取締役社長:関藤竜也コメント

真空保存で鮮度が最大5倍長持ち*する「フレッシュ&セーブ」をKURADASHIで販売開始します。私も使用し、品質が長持ちする効果を実感しています。優れた商品です。

フードロス削減に貢献する20万人強のKURADASHI会員にもご使用いただき、その使用メリットなどの声を収拾しタイアップ施策も展開していきます。

今回の共同プロジェクトを通じて、家庭系フードロス削減を飛躍的に加速させていきます!

■社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」について

KURADASHI(https://www.kuradashi.jp/)は、フードロス削減への賛同メーカーより協賛価格で提供を受けた商品を最大97%OFFで消費者(会員)へ販売し、売り上げの一部を社会貢献活動団体へと寄付する日本初・最大級の社会貢献型ショッピングサイトです。環境保護や動物保護の団体、クラダシ基金など、様々な団体を支援しています。

【SNS公式アカウント】
Twitter:https://twitter.com/kuradashi_jp
Instagram:https://www.instagram.com/kuradashi.jp/
LINE:https://page.line.me/307ghimw

【2021年3月末現在の主な累計実績】
・フードロス削減数:11,985トン
・経済効果:37億1,530万円
・CO2削減数 :30.85t-CO2
・寄付総額:60,194,680円

【受賞歴】
▶2017~2019年
・「ソーシャルプロダクツ・アワード2017」優秀賞
・東京都環境局「チームもったいない」の「Saving Food」部門代表に抜擢
・環境省主催 「第6回グッドライフアワード」環境大臣賞
・品川区「社会貢献製品支援事業」選定・認定

▶2020年
・第7回「食品産業もったいない大賞」審査委員会委員長賞
・「環境白書」「消費者白書」に掲載
・第3回「日本サービス大賞」農林水産大臣賞
・令和2年度「気候変動アクション環境大臣表彰」
・第21回「グリーン購入大賞」農林水産大臣賞
・第55回 「社会貢献者表彰」
・「食品ロス削減推進大賞」消費者庁長官賞

▶2021年
・「Japan Venture Awards 2021」JVA審査委員会特別賞
・「High-Growth Companies Asia-Pacific 2021」ランクイン

■会社概要

社名:株式会社クラダシ
代表者氏名:関藤竜也
設立:2014年7月
本社所在地:〒141-0021 東京都品川区上大崎3丁目2-1 目黒センタービル 5F
事業内容:社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」の運営
URL:https://www.corp.kuradashi.jp