2022/05/17 プレスリリース

金沢カレーの元祖「チャンピオンカレー」がKURADASHIに出品を開始~3分の1ルールや、賞味期限切迫の商品を販売しフードロス削減を目指す~

社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」を運営する株式会社クラダシ(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:関藤竜也、以下「クラダシ」)は、株式会社チャンピオンカレー(本社:石川県野々市、代表取締役社長 南恵太:、以下「チャンピオンカレー」)がKURADASHIに出品を開始したことをお知らせいたします。

クラダシは、「日本で最もフードロスを削減する会社」をビジョンに掲げ、食品の賞味期限の切迫や季節商品、パッケージの汚れやキズ、自然災害による被害などの要因で、消費可能でありながら通常の流通ルートでの販売が困難な商品を買い取り、社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」で販売することでフードロスの削減に取り組んでいます。また、売上の一部を環境保護や動物保護、医療支援などを行う社会貢献活動団体に寄付しています。

チャンピオンカレーは、1961年創業、北陸の地で熱狂的な支持を集めるカレー専門店「カレーのチャンピオン」「チャンピオンカレー」の運営企業です。旗艦店である「カレーのチャンピオン野々市本店」は、最大で1日約2,000名の集客実績がある地域の皆様から愛されるお店。レトルトカレー、カレーチルドパックなどの販売も手掛け、創業から60年以上受け継いできた味を、様々な形で全国へ発信しております。

このたび、クラダシのフードロス削減の取り組みや、ミッションやバリューに共感いただき、KURADASHIに出品することとなりました。

日本の流通・小売業界特有の商慣習として「3分の1ルール」といった、まだ賞味期限が残っているのに小売店で流通させることができなくなってしまうことや、配送時のダンボールの箱つぶれのために、中の商品は問題ないものの納品が拒否されるケース、小売店などでの在庫過多や店頭陳列の都合で販売できなくなってしまった商品をメーカーに返品することがあります。チャンピオンカレーはこのたび、クラダシのフードロス削減の取り組みや、ミッションやバリューに共感し上記のような理由で通常での販売が難しくなった商品を、KURADASHIに出品することとなりました。

■出店にあたってのコメント

弊社ではかねてより商品としては問題ないものの、ダンボール箱潰れ、卸先在庫過多による返品、いわゆる1/3ルールなどで行き場を失ってしまう商品がございました。せっかく製造した商品がこのようになることはメーカーとしては非常に悲しく思います。また食品ロスの観点でも業界としての課題も感じております。このような商品が活用される場として、そして背景にある業界の慣例を少しづつでも見直していくことができればと考え、クラダシ様との取り組みをさせていただきました。ぜひご活用いただければ幸いです。

株式会社チャンピオンカレー 取締役 営業本部長 谷口和貴

▼チャンピオンカレーの商品
チャンピオンカレー×タージ・マハール「チャンカレのブラックカシミール」12パック
URL:https://www.kuradashi.jp/products/detail/89167

※商品はなくなり次第販売終了となります。

▼KURADASHIの仕組みと出品するメリット
https://www.kuradashi.jp/sell

▼KURADASHIへ商品を出品したい方はこちら
https://forms.gle/QBFgTatAELmTN2yo7

■チャンピオンカレーについて

1961年創業、北陸の地で熱狂的な支持を集めるカレー専門店「カレーのチャンピオン」「チャンピオンカレー」の運営企業。旗艦店である「カレーのチャンピオン野々市本店」は、最大で1日約2,000名の集客実績がある地域の皆様から愛されるお店です。レトルトカレー、カレーチルドパックなどの販売も手掛け、創業から60年以上受け継いできた味を、様々な形で全国へ発信しております。

社名:株式会社チャンピオンカレー
代表者氏名:南 恵太
本社所在地:石川県野々市市高橋町20-17
創業:1961年
事業内容:食品製造業、食品卸売業 、飲食店経営、
フランチャイズシステムによる飲食店運営
URL:コーポレートサイト https://chancurry.com/ 
オンラインショップ https://championscurry.com/

■社会貢献型ショッピングサイトKURADASHI」について

KURADASHIは、フードロス削減への賛同メーカーより協賛価格で提供を受けた商品を最大97%OFFで消費者(会員)へ販売し、売り上げの一部を社会貢献活動団体へと寄付する日本初・最大級の社会貢献型ショッピングサイトです。環境保護や動物保護の団体、クラダシ基金など、様々な団体を支援しています。 「もったいないを価値へ」をモットーに、廃棄される商品に新たな価値をつけて再流通させる、1.5次流通※という通常の流通ルートを毀損しない全く新しいマーケットを創出しています。
URL:https://www.kuradashi.jp/

※1次流通:商品が新品の状態で消費者の手に渡ること。
1.5次流通:廃棄の可能性があった商品を価値あるものに生まれ変わらせ市場に提供すること。
2次流通:一度市場に出た商品が再び販売されること。

代表者氏名:関藤竜也
設立:2014年7月
本社所在地:〒141-0021 東京都品川区上大崎3丁目2-1 目黒センタービル 5F
URL:https://corp.kuradashi.jp/

サービス紹介
・社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」:https://www.kuradashi.jp/
・社会貢献型福利厚生サービス「オフィスdeクラダシ」:https://www.kuradashi-office.com/
・クラダシが自社で運営する「クラダシ基金」:https://www.kuradashi.jp/fund

2022年3月末現在の主な累計実績
・フードロス削減数:18,632トン ・経済効果:67億876万円   
・CO2削減数 :55.4kt-CO2 ・寄付総額:74,924,418円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「1.5次流通」、「社会貢献型ショッピングサイト」、「KURADASHI」およびそのロゴ、「もったいないを価値へ」は株式会社クラダシの登録商標です。