2024/03/05 プレスリリース

クラダシ、2024年開催の社会貢献型インターンシップ「クラダシチャレンジ」の参加学生の募集を開始~6月より日本全国10か所で開催決定~

ソーシャルグッドマーケット「Kuradashi」を運営する株式会社クラダシ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:関藤竜也、以下「クラダシ」)は、2024年6月より日本全国10か所で開催予定の社会貢献型インターンシップ「クラダシチャレンジ」の参加学生の募集を2月26日より開始いたします。2024年のクラダシチャレンジは10か所を5グループに分け、参加学生は2地域での収穫・作業体験、各地域で役場の方々との意見交換や現地観光などを実施する予定です。

▶応募用URL:https://forms.gle/z77Tbukm5wDYC3Dz5 (応募期限:4月7日(日) 23:59まで )

クラダシは、ミッションを「ソーシャルグッドカンパニーでありつづける」、ビジョンを「日本で最もフードロスを削減する会社」と掲げ、持続的に社会課題の解決に取り組むビジネスを展開しています。
フードロス削減を目指し、賞味期限が切迫した食品や季節商品、パッケージの汚れやキズ・自然災害による被害などが原因で、消費可能でありながら通常の流通ルートでの販売が困難な商品を買い取り、ソーシャルグッドマーケット「Kuradashi」で販売しています。また、その売り上げの一部でさまざまな社会貢献活動を支援しています。

さらに、クラダシが自ら社会貢献活動を行うために創設したクラダシ基金(※)を活用して地方創生事業にも取り組んでおり、その取り組みの1つとして、社会貢献型インターンシップクラチャレを実施しています。

クラチャレとは、フードロス問題や地方創生に興味関心のある学生が日本全国の地域・農家などへインターンとして訪れ、作物の収穫支援や現地での交流を通して一次産業や地域経済の活性化について考える取り組みです。クラチャレを通じて、地域の関係人口の創出・拡大、地域の魅力発信、学生への実体験を通しての学びの場の提供をするとともに、学生が担い手となり、未収穫となっていた一次産品を収穫し、フードロスの削減を目指すとともに、学生と地域をつなぎ、地域社会の新たな発展を目指しています。また、参加学生の旅費や滞在費、食費等はクラダシ基金から拠出しており、これまで計39回開催しています。

※クラダシ基金とは:
クラダシ自らが社会貢献活動を行うために創設した基金で、「Kuradashi」における支援先の1つです。地方創生事業・フードバンク支援事業・教育事業・食のサステナビリティ研究会の社会貢献活動に充てられています。
クラダシチャレンジについて:https://kuradashi.jp/pages/kurachalle

この度、2024年6月から日本各地10か所でクラチャレを開催することが決定し、3月5日より参加学生の募集を開始いたします。募集を開始するクラチャレは2地域1セットを1グループとし、参加学生は2地域のクラチャレに参加していただきます。

これまでクラチャレの開催を重ねる中で、学生の学びを深め、開催地域の活性化、関係人口の増加に貢献することができている一方、クラチャレが終わると、自治体・参加学生・クラダシで連携した取り組みが途絶えてしまうという課題もありました。

この点を改善するために、参加学生が2地域のクラチャレに参加し、クラチャレの現地参加終了後も継続的に地域課題の解決に取り組む年間プロジェクトとして進化させます。

■年間プロジェクト化の狙い

・学生とクラダシ、自治体、他参加者との継続的なつながりを創出
・学生が参加地域に向き合う時間が長くなることによって、当該地域へのより深い理解と関与を促進
・2つの地域の自治体・事業者を比較することで、学生の学びを深化
・各自治体が、他の自治体の取り組みを知ることで、自治体同士の横の連携を創出

また、クラチャレ終了後には、全地域合同で最終報告会を開催する予定です。参加学生には実際の経験から得た知識と感動をもとに、その地域の魅力を広めるための提案をまとめ、ピッチコンテスト形式で発表いただきます。単なる提案だけでなく、実現可能なアイデアや実行のための取り組みに焦点を当て、クラチャレ終了後も学生と自治体の継続的な連携を促進していきます。

【クラダシチャレンジ募集概要】

・参加募集対象:現在大学生、大学院生の方
・参加条件:2地域全日程参加可能であること
 ※農作物の生育状況により、日程が数日前後する可能性があります
 ※オンライン授業などによる部分的な不参加については要相談
 ※自宅⇔空港までにかかる交通費は原則学生側が負担

▼開催地域・日程・活動内容
グループ① 参加募集人数 4名
 沖縄県石垣市 6/23~29(6泊7日) パイナップルの収穫体験など
 愛媛県宇和島市 8/19~25(6泊7日) 真珠養殖・加工に関する作業および商品開発など

グループ② 参加募集人数 4~5名
 北海道仁木町 6/29~7/3(4泊5日) 桜桃の収穫、選果、出荷作業など
 新潟県新潟市 8/5~9(4泊5日) くろさき茶豆の収穫・選果・B品加工の体験など

グループ③ 参加募集人数 4名
 北海道三笠市 7/2~8(6泊7日) メロン収穫など
 長野県松本市 11/1~7(6泊7日) 保平かぶ、奈川山菜収穫など

グループ④ 参加募集人数 6名
 鹿児島県喜界町 7/20~26(6泊7日) マンゴー収穫支援・販売など
 島根県益田市 8/29~9/4(6泊7日) 果樹園での農業体験など

グループ⑤ 参加募集人数 6名
 和歌山県すさみ町 8/19~28(9泊10日) スルメイカ漁など
 京都府京丹波町 10/1~8(6泊7日) 丹波栗の収穫作業など

※実施内容は上記のほかに、以下も予定しております。
・現地観光
・現地の方との意見交換会
・各地域のクラチャレ実施後に最終合同報告会を開催
 └10月下旬に全グループ合同で開催を予定
 └参加した2地域を通し、活動報告とその地域の魅力を広めるための提案をまとめて、ピッチコンテストのような形式で発表していただきます。
※最終合同報告会後にクラチャレ実施予定のグループは、すでに参加した1地域目ともう1地域の事前学習を通して発表していただきます。

▼応募期間
 3月5日(火) ~ 4月7日(日) 23:59

▼応募用URL
 https://forms.gle/z77Tbukm5wDYC3Dz5
 ※募集は4月7日(日) 23:59に締め切ります。
 ※自然災害の発生などにより、中止または延期となる場合がございます。

▼クラチャレに関してのお問い合わせはこちら
基金運営G:kikin@kuradashi.jp

■楽しいお買い物で、みんなトクするソーシャルグッドマーケット「Kuradashi」とは

Kuradashiは、楽しいお買い物で、みんなトクするソーシャルグッドマーケットです。
フードロス削減を目指し、まだ食べられるにもかかわらず捨てられてしまう可能性のある食品などを、おトクに販売しています。
さらに、売り上げの一部を環境保護・災害支援などに取り組むさまざまな社会貢献団体への寄付やクラダシ基金として活用し、SDGs17の目標を横断して支援しています。
楽しくておトクなお買い物が、社会に良いことにつながる。そんな、全く新しいソーシャルグッドマーケットを創出しています。
URL:https://www.kuradashi.jp/

■株式会社クラダシについて

代表者氏名:関藤竜也
設立:2014年7月
本社所在地:〒141-0021 東京都品川区上大崎3丁目2-1 目黒センタービル 5F
URL:https://corp.kuradashi.jp/

【サービス紹介】
・ソーシャルグッドマーケット「Kuradashi」:https://www.kuradashi.jp/
・クラダシが自社で運営する「クラダシ基金」:https://www.kuradashi.jp/fund

【店舗一覧】
・Kuradashi店舗一覧:https://kuradashi.jp/pages/stores

【クラダシのサステナビリティ】
・サステナビリティサイト:https://corp.kuradashi.jp/sustainability/
・サステナビリティレポート:https://speakerdeck.com/kuradashi/sustainability-report

【2023年12月末時点の主な累計実績】
・フードロス削減量:20,653トン ・経済効果:92億6,152万円
・CO2削減量 :54,751t-CO2    ・支援総額:127,718,516円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「Kuradashi」、「ソーシャルグッドマーケット」、「1.5次流通」、「もったいないを価値へ」は株式会社クラダシの登録商標です。

*「Kuradashi」「ソーシャルグッドマーケット」は株式会社クラダシの登録商標です。